和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

レンタル中選手考察:「覚醒中のファンタジスタ」伊藤涼太郎選手

さて、今回はいつにも増して気合が入っております。

私イチオシの選手を考察しようと思っていますので。

 

その選手は、高校卒業と同時に浦和レッズの門を叩きました。

野心もあり、1年目から遠慮せずにぶつかると豪語していました。

開幕ベンチ入りも果たし、このまま順風満帆なサッカー人生になるかと思われましたが...。

プロの世界、そんなに甘くはありませんでした。

実戦から遠ざかり、1年目の公式戦出場は1試合のみ。

2年目も状況は好転せず、年代別代表からも遠ざかってしまいました。

 

3年目になると、J2水戸ホーリーホックへレンタル移籍

当初は途中出場が続いていましたが、レンタル移籍継続となった4年目の第14節岡山戦で転機が。

先発に抜擢されると、2ゴール1アシストの大活躍。

ここから、彼はコンスタントに出場機会を掴み始め、昨シーズンは9ゴールを記録、飛躍のシーズンとなったと言っていいでしょう。

 

今シーズンは、J1昇格となった大分トリニータへレンタル移籍となり、J1の舞台へ再挑戦することになりました。

 

ここまで書いてしまえばもうお分かりですね。

というか、タイトルに堂々と個人名出してますが笑

伊藤涼太郎選手の考察となります。

 

◾️プロフィール

伊藤選手は、大阪府出身の21歳です。

中学まではセレッソ大阪U-15に所属していましたが、ユースへの昇格は逃してしまいます。

その後は、生まれ育った大阪府を離れ、サッカー名門校、岡山県立作陽高等学校に進学します。

ここで才能を開花させた伊藤選手は、浦和レッズのスカウト(山田暢久氏、通称タリーさん)に見出され、入団の運びとなったわけです。

 

本題からは少々脱線しますが、皆さんは作陽高校のある、岡山県津山市に行かれたことはありますか⁇

私は現在広島市在住なこともあり、あちらへ行く機会があったのですが。

津山市...遠いっ‼︎

広島から岡山なので遠いのは当たり前なのですが、同県内の岡山駅からも遠い‼︎

時間にして約1時間半。

電車に乗っている時間、薄い本であれば読み終えられそうですね。

 

学生からすると、岡山駅まで出て行って遊ぶのも大変そうですが、逆にサッカーに集中できる環境が整っているとも言えるかもしれないですね。

 

◾️ポジション

f:id:zeniya47:20190221224435p:image

 

Football LABのデータ上では、FWのポジションがセンターフォワードしかないので、そのポジションで出場したことになっています。

が、元々MFの選手ですし、彼のことは気にしていましたので、試合はDAZNでそれなりに追いかけていましたが、FWからMFの位置まで下がってのプレーが多かったので、トップ下という表現で差し支えないと思います。

 

◾️プレースタイル

f:id:zeniya47:20190221225311p:image

 

トップ下の選手と申し上げましたとおり、攻撃的なプレースタイルです。

決定力、パスチャンス力、ドリブルチャンス力が秀でているのは特筆モノです。

攻撃に関する各能力を、高レベルな次元で搭載しているということですからね。

 

逆に、守備力に関するポイントは低いので、前回ご紹介の汰木選手同様、守備の負担が大きいポジションで起用すると、そこを突かれる可能性が高いですね。

 

◾️チャンスビルディングポイント

f:id:zeniya47:20190221225847p:image

 

ドリブル、シュート、ゴールの数値が特に優秀と言えます。

 

特にシュート、ゴールのポイントが高いことは注目すべき点ですね。

シュートは、枠内シュートのみがポイントの対象となっています。

つまり、シュートを撃ちまくっても枠外の宇宙開発では、ポイントはちっとも加算されないのです。

 

また、ゴールのポイントは、ゴールとなったシュートのみ、ポイントが加算されます。

そしてそのポイントは、難易度が高いほどポイントが高いのです。

 

伊藤選手はゴール数は9で、ランキングで言えば30位タイくらいだと思うのですが、ゴールポイントは15位です。

ですので、難易度の高いゴールを決められる技術を持っているということです。

 

ですので、シュートまで持っていくことができれば、枠に入れる技術や難易度の高いゴール決められる技術があるので、得点の可能性は高いと言えるのではないでしょうか。

それがJ1でも継続できるかが、今季の彼の飛躍のポイントとなるでしょう。

 

◾️プレー動画

私が好きな伊藤選手のプレーを2つ紹介します。

 

1つ目は、昨シーズンの千葉戦、アディショナルタイムに叩き込んだミドルシュートです。

ふかさずに地を這うようなグラウンダーのシュートを撃ち込んだ所に、前述したシュートテクニックの上手さが凝縮されています。

 


【公式】ゴール動画:伊藤 涼太郎(水戸)90分 水戸ホーリーホックvsジェフユナイテッド千葉 明治安田生命J2リーグ 第29節 2018/8/18

 

2つ目は、彼が高校2年生の時に選手権流経大柏戦で見せた、エラシコ股抜きからのループ気味のシュートという、トンデモ技術が詰まったプレーです。

これをハイライトで観た私は、「とんでもない奴がいるもんだ...」と他人事のように考えていましたが、彼が入団すると決まった時は、すぐに「あのエラシコの奴か!」と思い出したほどのインパクトでしたね。

 


【全国高校選手権】作陽高校の10番、伊藤涼太郎選手の天才的なゴール!!

 

実はあともう一つ、世代別日本代表時の海外遠征で見せた、ボディフェイクからの股抜きドリブルが大好きなのですが、残念ながら動画が見つかりませんでした。

もし見つけたら、後からでも載せようと思っています。

 

◾️その他

今回はかなり熱が入っていたこと、私自身も感じております。

 

私はどちらかと言えば高卒、大卒、ユースから昇格の選手が成長して活躍していくのを観るのが好きです(どちらかと言えばですよ)。

なので、浦和レッズというチームの層の厚さに物怖じすることなく、果敢に挑戦するという気持ちを持って入団を決めた伊藤選手には、とてつもなく期待しているのです。

 

この2年間、水戸ホーリーホックで得た経験を活かして、大分トリニータでも活躍することができれば、彼の目標とする東京五輪出場や、赤いユニフォームを纏って、埼スタでプレーすることも現実味を帯びてきます。

 

まずはポジション争いに勝って、試合に出場すること。

そして、その攻撃センスを遺憾なく発揮し、相手守備陣をキリキリ舞いにさせてほしいですね。

 

伊藤選手、期待しています!

 

次回は同じくレンタル移籍中の、オナイウ阿道選手を予定しております。

お楽しみに。

 

データ引用元:Football LAB