和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【書籍レビュー】「未熟ということ」秒速5センチメートル

f:id:zeniya47:20190914211416j:image

 

大変ご無沙汰しております。

 

9月8日に行われた資格試験に向けた勉強の進みが悪く、そちらに気を回していたので、ブログの更新を怠っていた。

 

あとはレッズの調子が悪すぎて試合レビューを書けないという事情もあるんだけど…。

 

ちなみに資格試験は、今年度2つ目の受験。

 

先日受けたファシリティマネジャーは無事合格。

 

今回受けたFP技能検定3級も、自己採点の結果、合格の見込。

 

次は少々間を開けて、2020年2月に乙種消防設備士の4類と7類を同時受験予定。

 

本当は11月に第3種冷凍機械責任者を受験するはずだったが、受験申請期限を確認していなかったせいで、申請期限を超過するという初歩的すぎる凡ミスをしてしまった。

 

元々考えてはいたけど、こういうことも起こり得るから、来年度からは受験数を控えよう。

 

と、近況報告兼言い訳が長くなったが、今回は新入社員から勧められた書籍シリーズのその2。

 

秒速5センチメートル。

 

筆者は新海誠氏。

 

最近、「君の名は。」という映画でよく見かけた名前だ。

 

観てはいないんだけどね。

 

映画監督もやっているし、小説家でもあるということみたい。

 

多彩な方だこと。

 

さて内容は、いわゆる甘酸っぱい青春物ともいえるかと。

 

基本的には一人の少年(最終的には青年)を中心に、彼の少年時代の初恋から、青年となってからの大人の恋愛までが描かれている。

 

こちらも3章に分かれており、1章は主人公の少年時代を主人公の視点で、2章は主人公の高校時代を彼のクラスメイトの視点で、3章は主人公の社会人生活を主人公の視点で展開される。

 

個人的には2章が好きかな。

 

主人公は1章で出てきた初恋の相手を忘れることができず、2章の登場人物のクラスメイトから想いを寄せられているものの、その想いには応えずに高校を卒業することとなる。

 

3章で当時のことを振り返っているけれど、「当時の自分にはそうするしかなかった」、つまり、どうすればよいのかわからなかった、と述懐している。

 

確かに2章では告白しようとしてきたクラスメイトに対して、直接言ってはいないものの、態度でそれを制している。

 

だけど、本人からすればそうする以外に選択肢はなかった。

 

つまり、まだ未熟だったということになるのかな。

 

主人公の心は初恋の相手にずっと向けられたままで、そこから進んでいないから、成長していないのではないか。

 

だから、他人から好意を向けられたとしても、それに対する術を知らないし、知る必要もないと思っていたから、対応の仕方がわからなかったのでは。

 

個人的にはわかる気がする。

 

当時の自分にはそれが最善の選択だったと思うから、そうしたということなだけで。

 

そんな出来事が、自分の未熟さを明確にしてくれるわけだから、そこから成長もするし。

 

主人公は3章でも初恋の相手のことを想っていたけどね笑