和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【新加入選手考察】「柴戸選手と並べればもう鉄壁」金子大毅選手が湘南ベルマーレより完全移籍加入

補強第1号。

 

湘南ベルマーレより、金子大毅選手が完全移籍加入。

 

www.urawa-reds.co.jp

 

金子選手のポジションはMF、主にボランチ。

 

f:id:zeniya47:20210103232840p:plain

2020シーズンスタメン時のポジション

 

ボランチはエヴェルトン選手が退団、長澤選手が名古屋へ移籍、青木選手もFC東京への移籍が噂されるなど、一気に層の薄くなるポジションなだけに、金子選手の加入は非常に大きい。

 

金子選手の経歴に目を向けると、サッカー名門校の市立船橋高校出身。

 

2020シーズンに躍進を果たした、柴戸選手の後輩となる。

 

残念ながら、学年は3つ離れているため、一緒にプレーはしていないようだけれど。

 

高校同期には杉岡大暉選手(鹿島)、原輝綺選手(鳥栖⇒清水)。

 

後にプロとなる選手が3人いるチームは、さぞかし強かったであろう。

 

その後、高卒時点でのオファーの有無は定かではないが、神奈川大学に進学し、大学サッカーの門を叩いた。

 

私の好きな大学サッカー出身者ですな。

 

しかし、年齢から逆算すると2年次かな?に大学を中退し、湘南ベルマーレに加入。

 

湘南では3年間で56試合に出場し、東京五輪を戦う予定のU-23日本代表にも名を連ねている。

 

そんな彼のプレースタイルは、「ボール奪取に長けたボランチ」である。

 

と聞くと思い起こされるのが、そう、先程も名前が挙がった市立船橋高校の先輩、柴戸選手である。

 

Football LABのプレースタイル指標・チャンスビルディングポイントを比較してみると、あらびっくりほとんど同じ!

 

f:id:zeniya47:20210103234012p:plain

プレースタイル指標:金子 大毅

f:id:zeniya47:20210103234045p:plain

プレースタイル指標:柴戸 海

f:id:zeniya47:20210103234754p:plain

チャンスビルディングポイント:金子 大毅

f:id:zeniya47:20210103234853p:plain

チャンスビルディングポイント:柴戸 海

若干柴戸選手の方が守備寄りという印象かな。

 

だが、ボール奪取に長けている金子選手と柴戸選手をボランチで並べれば、ディフェンスラインより前でボールを狩り取りまくれる、最強の楯が完成する!かもしれない。

 

ただパスチャンスは両名ともあまり高くないので、ボランチからのパスによるチャンスメイクはあまり期待できない可能性が高い。

 

まぁ私としては、展開は監督による戦術次第でどうにかなると思っているので、この両名を並べた浪漫ある布陣を希望するよ。

 

データ引用元:Football LAB

 

【2021年1月8日追記】

識者の方によれば、どうやら柴戸選手っぽくはない様子笑

 


『金子大毅が一番エグい』対戦相手も認めたその実力とは?

 

総合力の高い、万能型の選手なようですね。