和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【新加入選手考察】「イヤらしい相手ほど味方になると心強い」西 大伍選手がヴィッセル神戸より完全移籍加入

補強第6弾(ラスト)。

 

西大伍選手がヴィッセル神戸より完全移籍加入。

 

www.urawa-reds.co.jp

 

西選手は北海道出身。

 

コンサドーレ札幌の下部組織から札幌に昇格後、アルビレックス新潟を経て鹿島アントラーズ、ヴィッセル神戸と所属。

 

新潟のイメージ全然なかったなぁ。

 

しかし、西選手は今オフの補強の目玉と言って間違いないだろう。

 

西選手の主戦場である右サイドバック、昨シーズンは主に橋岡選手が担当。

 

時たまデン選手、岩武選手、柴戸選手が務めていた。

 

この中で右サイドバックを本職としているのは岩武選手だけ。

 

そして岩武選手は今シーズンから横浜FCへ移籍。

 

www.zeniya47.tokyo

  

橋岡選手、デン選手はセンターバック、柴戸選手はボランチが本職。

 

その中でも橋岡選手は182㎝の身長でありながらアップダウンができるアスリート能力を持ち合わせており、西川選手のキックターゲットにもなっていて、センターバックが本職とは言えない活躍だったと思っている。

 

ただ攻撃面で多くの期待をするのは酷。

 

クロス精度は昨シーズン中でも、相当改善の兆しが見えていたけどね。

 

なので、右サイドバックは適任と呼べる選手が不在で、最大の補強ポイントであったと言える。

 

ただそれが西選手とは!(いい意味です)

 

 

今回の新加入選手の中で実績面は群を抜いている。

 

日本代表選出経験あり、ベストイレブン、優秀選手賞、最優秀ゴール賞まで受賞しており、イメージの強い鹿島時代にはリーグタイトルを含め、数々のタイトルを獲得。

 

↓最優秀ゴールはコチラ

www.youtube.com

 

前所属の神戸でも天皇杯やゼロックススーパーカップを獲得しており、一通りのタイトルを総なめしている。

 

その分、年齢は今年で34歳とベテランの領域であるが、それを補って余りある能力を持つ選手。

 

f:id:zeniya47:20210114202452p:plain

プレースタイル指標:西 大伍

f:id:zeniya47:20210114202554p:plain

チャンスビルディングポイント:西 大伍

 

まずはクロスチャンス力が高い。

 

これは昨シーズン、レッズでアシスト数トップだった山中選手と同等の数値。

 

クロスのチャンスビルディングポイントもリーグ全体で16位。

 

西選手と山中選手を両サイドバックに起用すれば、精度の高いクロスが両方から放り込めるぞ。

 

守備は知らん笑

 

f:id:zeniya47:20210114203017p:plain

シーズン毎成績:西 大伍

 

これまでも安定した成績を残している。

 

サイドバックのポジションでこのアシスト数は一流じゃない?

 

西選手に関しては、興梠選手と同様、相手チームにいるときはこれ以上なくイヤらしいと感じる選手だけど、加入するとなるとそんな感情はどこへやらとなるのは不思議。

 

イヤらしいと感じるほど、実力があるということを私たちも自覚しているからなんだろうね。

 

西選手の補強をもって、恐らく今シーズンオフの補強は終了。

 

しっかりと各ポイントに有望な選手を獲得できたし、若い選手も多いので、補強には満足しているし、強化部の方々がとても尽力されたのだと敬意を表する。

 

リカルド監督パワーかもしれないけど笑

 

ただ西選手が加わったとはいえ、右サイドバックに手薄感はある。

 

2022シーズン加入予定の宮本選手を流通経済大学から時々呼ぶのかな。

 

データ引用元:Football LAB