和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【退団情報】「上手かった」青木拓矢がFC東京へ完全移籍

退団8人目。

 

青木拓矢選手のFC東京への完全移籍が発表となった。

 

www.urawa-reds.co.jp

 

青木選手はサッカー名門、前橋育英高校を卒業後、高卒で大宮アルディージャへ入団。

 

大宮で6シーズン過ごした後、埼玉ダービーの対戦相手でもあるレッズへ加入。

 

レッズでは大宮時代を上回る7シーズンを過ごし、合計240試合の公式戦に出場。

 

リーグ優勝は果たせなかったが、ACLやJリーグカップ、天皇杯の制覇に大きく貢献してくれた。

 

そもそも、大宮からレッズへの移籍ということで、結構遺恨を残しそうな移籍かと思ったし、来ないだろうと思っていたから、加入が決定したときは度胸あるなーと当時感じたと記憶している。

 

それまではあまり青木選手に注目していなかったけれど、レッズに来てからその上手さを知った。

 

これ!っていう表現をすることは難しいんだけど、観ていて「上手いなー」と感心するプレーを披露していたのは、いつも青木選手だったよ。

 

例えばハイボールのトラップだったりだとか、何気ない縦パスだったりだとか。

 

それでいて運動量が多く、広範囲をカバーしてくれて。

 

要は総合力が高い選手なんだよね。

 

f:id:zeniya47:20210114212915p:plain

プレースタイル指標:青木 拓矢

 

昨シーズンはチームの状況もあまりよくなかったし、青木選手も先発出場13試合、途中出場8試合に留まったこともあり、数字で見ると中途半端な能力になっちゃってるけど、カバーエリアの広さが運動量の多さを物語っている。

 

また前線への裏へのパスもいい所を狙っているシーンが多かったから、FC東京で永井選手とコンビを組まれると厄介かもね。

 

年齢としては31歳ということで、レッズでもまだ十分やれると思うけど、リカルド監督が求めるボランチ像ではなかったか、世代交代の対象となってしまったか、FC東京からいい評価をいただいたのか、残念ながら退団となってしまった。

 

ただ長澤選手同様、数々のタイトル獲得に貢献してくれたこともあり、批判の声は少ない。

 

FC東京での幸運を祈る。

 

データ引用元:Football LAB