和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【退団情報】「今シーズンは正念場」大城蛍選手がY.S.C.C.横浜へ育成型期限付き移籍

2021シーズン、レッズは既にチームが始動しており、新加入選手記者会見や、初練習も終了している。

 

そんなシーズンが始動する直前、昨シーズン育成型期限付き移籍していた、レッズユース出身の2名の選手について、新たな所属先が発表された。

 

今回は、ガイナーレ鳥取からY.S.C.C.横浜へと移籍が発表された大城選手。

 

www.urawa-reds.co.jp

 

 ↓鳥取移籍時の記事はコチラ↓

www.zeniya47.tokyo

 

 

大城選手はガイナーレ鳥取で、出場試合数3、合計プレー時間は85分間と、育成型期限付き移籍のレッズ側としての目的である、試合出場機会を掴むには至らず。

 

初のベンチ入りが10月18日のG大阪U-23戦とかなり時間がかかっている。

 

その出場試合の内訳も、途中出場1分が2試合、スタメン出場83分途中交代と、まとまった出場経験を積めたのは1試合のみといえる。

 

 大城選手は昨シーズンでプロ2シーズン目。

 

ルーキーイヤーも出場機会はなく、2シーズン合計でほぼほぼ試合経験を積めていないとなると、一旦チームに復帰させるという選択肢もあるかと思っていたが、鳥取と同じJ3のY.S.C.C.横浜が受け入れ先となった。

 

大城選手のポジションはセンターバック。

 

レッズのセンターバックは、槙野選手(34歳)・橋岡選手(21歳)・デン選手(23歳)・藤原選手(18歳)・岩波選手(26歳)の5選手。

 

3バックと4バックで起用されるセンターバックの数は異なるが、3バックではセンターバックを3枚起用する必要があるので、単純に考えれば上記の5名の中から3名、そして控えに1名という布陣になるか。

 

ただし、槙野選手は年齢から考えても、これから長期間活躍できるわけではないと思われる。

 

また、わざわざTwitterで残留宣言をしており、チームからも少々厳しい評価を受けた模様。

 

橋岡選手も欧州移籍の噂があり、決して今後数年安泰といえる構成ではない。

 

なので、大城選手が移籍先で試合経験を積んで、逞しくなって戻ってこられれば、チームとしてはさらに層が厚くなる。

 

逆に今シーズン、試合経験を積めなければ、来シーズン以降のレッズへの帰還は難しいかもしれない。

 

いわゆる正念場というやつかな。

 

ユース時代にはセットプレーでハットトリックもかましていた大城選手、その強さをY.S.C.C.横浜でも発揮してポジション確保を!