和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【試合レビュー】「新しい試みが観られた」トレーニングマッチ*沖縄SV戦(2-0) ※1本目のみ

只今チームは絶賛、沖縄で開幕に向けてキャンプ中。

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、キャンプは全面的に非公開となっていることから、映像でチーム状況を確認できる媒体に乏しい。

 

公式のYouTubeチャンネルも、毎日更新というわけではなく今のところ練習風景が公開されたのは1日目・2日目のみ。

 

なので、チームが始動してからどんな立ち位置ににいるかは判断が難しいが、先日地元の沖縄SVとのトレーニングマッチが実施され、1本目から2本目の途中まではインスタライブで公開。

 

たまたま公開時間が会社の昼休憩と重なったため、1本目のみ観戦。

 

1本目のメンバーは以下の通り。

 

f:id:zeniya47:20210131130535p:plain

1本目メンバー

 

4-4-2で、新加入選手が中心となっており、右SBは2022シーズン加入内定の宮本選手(流経大)となっていた。

 

1本目を観る限り、目指すサッカーは「GKからポゼッションしてくスタイル」「奪われたら積極的にプレス」と思えた。

 

特に新しい試みである、GKからポゼッションしていくスタイルは顕著で、GKの塩田選手は勿論、かなり低い位置でもCBやSBがGKと同じ位置くらいまで下がって貰い、展開を試みていた。

 

そういったことに取り組んでいると西川選手もコメントしていたので、その確認にはなったけど、実際に観るとかなりリスキー笑

 

相手の守備網を突破できればチャンスになるが、一つのパスミス・トラップミスが致命的にもなりかねない諸刃の剣。

 

これを開幕までにどこまで突き詰めていけるかがポイントかな。

 

個人では、両SHの汰木選手・小泉選手がいい動き。

 

小泉選手は汰木選手のパスを受けて、左足でゴール。

 

それ以外にも、宮本選手へ決定的なパスを供給していた。

 

汰木選手も小泉選手へのアシストのほか、明本選手への決定的なパスも。

 

宮本選手・明本選手どちらも枠外に蹴ってしまったのが残念だったが…。

 

試合は3本目に武田選手が追加点、失点はなく2-0で勝利。

 

新監督ということで、まだまだ戦術の落とし込みには時間がかかるだろうし、選手の序列もこれからになるだろう。

 

とはいえ、実は既に開幕まで1か月を切っている。

 

この沖縄キャンプ、そして大原に戻ってから、チーム・個人がどこまで成長するのか楽しみだ。

 

(…橋岡選手はどうなるのかなー…)