和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【退団情報】「得点力が本当に秀逸だった」レオナルド選手が山東魯能泰山(中国)へ完全移籍

いやーさすがに橋岡選手で打ち止めだと思っていたんだけれど。

 

この時期に退団情報の記事を書くとは思わなんだ笑

 

そんな訳で、急転直下のシント=トロイデンへ移籍となった橋岡選手に続き、レオナルド選手が山東魯能泰山(中国)へ完全移籍することが発表された。

 

www.urawa-reds.co.jp

 

レオナルド選手は昨オフにJ2の新潟より加入したFW。

 

その前のシーズンにはJ3の鳥取に所属しており、日本にやって来てから、シーズンごとにカテゴリーを上げていた。

 

そしてそれは彼の、得点力の高さによって実現したもの。

 

鳥取では31得点、新潟では38得点をそれぞれ記録し、異なるカテゴリーで連続得点王を成し遂げるという偉業を達成。

 

そこにレッズが声をかけ、遂に昨シーズンはJ1の舞台へ。

 

チームとしての戦い方が定まらず、得点への道筋も不透明な状況の中、それでも特に前半戦は決定力と、上背はそこまでないものの強靭なフィジカルにより、優れた得点力を発揮。

 

彼の力で勝点を得ていた試合もあっただろう。

 

しかし、チームとしての問題なのか彼としての問題なのか、守備時のプレスでは彼一人のみが相手DFにプレッシャーをかけ、彼の背後のMFがついてきておらず、無駄に体力を消耗してしまっているシーンが散見。

 

また、彼は良くも悪くもビルドアップがうまくいっていないときに、興梠選手のように下がってボールを捌くタイプではなく、あくまでペナルティエリアで強みを発揮するタイプ。

 

昨シーズン中盤から終盤にかけては、ビルドアップが上手くいっていないチームの中で、ボールを運べるマルティノス選手や、チームの潤滑油となれる武藤選手、ボールを収めて起点となれる杉本選手を優先的に起用する場面があり、いつしかベンチスタートがメインに。

 

それでも最終的に11得点と、チーム2位の10得点を記録した興梠選手を抑えてチームトップスコアラーとなったが、彼としても不完全燃焼となったシーズンだっただろう。

 

とはいえ、巷の噂によれば彼は複数年契約を締結しており、移籍金も高額に設定されているので、彼を引き抜くのは容易ではなく、かつ今シーズンはリカルド監督も招聘し、彼の真価が発揮されるのを楽しみにしていたサポーターも多かったはず。

 

それがここにきて、中国マネーによる引き抜きにあってしまった。

 

リカルド監督が加わったのでチームに残留した、日本人への帰化も考えている、といった発言から、彼はこれからもレッズにいてくれるものと考えていたが…。

 

まぁ外国人選手はあくまで助っ人選手。

 

大体は傭兵的な考え方をするだろうし、詳細は不明だけど、サッカーとしても給料としても待遇が改善されるということであれば、そちらに行くのは自然の摂理。

 

彼を見出したレッズOBの岡野氏の心情は如何に、という面はあるが、やむをえまい。

 

私は逆に、新しいチャレンジが開幕までにどこまで整備されるか、レオナルド選手そして橋岡選手に代わる選手が誰になるのか、そしてどう活躍してくれるか楽しみ。

 

もう今週末にはリーグ開幕戦のFC東京戦。

 

チーム一丸となって頑張ってほしい。