和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【試合レビュー】「そう簡単に勝利は得られない」リーグ戦第2節*サガン鳥栖戦(●0-2)

開幕戦のFC東京戦は1-1のドロー。

 

今試合の前に行われたルヴァンカップ湘南戦も0-0でドロー。

 

流れの中からの得点がなく、得点数は少ないが、失点数も少なく、とりあえずは勝ち点を拾えている。

 

一個人の感情としては、開幕戦の肌感覚として、このサッカーは間違っていないと感じたため、一試合一試合の結果で騒ぐようなことはしたくないが、とはいえ感情としてはやっぱり勝ってほしいもの。

 

選手たちも、勝った方が自信がつくだろうしね。

 

アオアシで阿久津も言ってたよ、勝つことで俺は前に進むって。

 

というわけで、今シーズン公式戦初勝利なるか。

 

■雑感

www.youtube.com

[スタメン・サブ]

f:id:zeniya47:20210306132837p:plain

スタメン・サブ:サガン鳥栖戦

 

メンバーは上記のとおり。

 

開幕戦から右サイドを明本選手から田中選手へ変更。

 

また、ベンチには大久保選手が入り、伊藤(涼)選手が外れている。

 

前半は開幕戦のFC東京戦の内容が相当よかったからか、イマイチ鳥栖の選手を捕まえきれなかった印象だけど、決定機らしい決定機も与えずに互角の内容。

 

以前の鳥栖といえば、豊田選手よろしく、細かくつなぐよりも蹴るサッカーという印象だったけど、今のサッカーはかなり戦術が整備されておりビルドアップもスムーズ。

 

前半終了時点でパス数はレッズを上回っていた。

 

レッズは、コーナーキックの流れから小泉選手のクロスを杉本選手がヘディングしたシーンが一番惜しかったかな。

 

リーグ戦初スタメンの田中選手はあまり高い位置でボールを受けられていないため、持ち味が出し切れていないが、序盤にシザースフェイントからクロスを上げきったシーン、またカウンターから一気に相手陣内深い位置まで持ち上がったシーンは、ドリブル能力の高さを見せつけていた。

 

後半はその田中選手に代えて明本選手を投入。

 

前節、前線からのプレスに威力を発揮した明本選手を投入することで、相手陣内にプレスをかけるかけることを明確化。

 

ただ今日は鳥栖の動きがよく、後半もなかなかリズムは良くならず。

 

62分、途中出場の本田選手に左サイドからドリブル突破されてシュートを撃たれ、西川選手が反応し弾いたものの、こぼれ球を山下選手に詰められて失点。

 

あれはペナルティエリア前にしっかり寄せて、スピードに乗せてはいけなかったな。

 

さらに82分には、左サイドからのクロスを再び山下選手に合わせられて2失点目。

 

山中選手が相手攻撃を防いだ際に引っ張られて転倒したように見えたが、それをセルフジャッジしてしまったか、レッズDF陣の動きが止まってしまった。

 

杉本選手の決定機もあったが、残念ながらゴールは奪えず無得点で敗戦。

 

田中選手はドリブルで持ち運べて、かつ突破できる選手だから残しておくか、後半途中からの出場が良かったかも…。

 

今日はビルドアップに苦心していたからなおさらね。

 

これで今シーズンはルヴァンカップ含めて3試合未勝利となったが、元々そんな簡単に連勝街道!無敗継続!とならないのは分かっていたこと。

 

次の横浜FC戦は中3日ですぐにやってくる。

 

課題の修正、選手の入れ替え含めて、次は勝利が欲しいね。

 

では続きはFootball LABデータ更新後にまた。

 

【2021年3月8日追記】

 

■データ考察

[チャンスビルディングポイント:チーム・スタッツ]

f:id:zeniya47:20210308220334p:plain

チャンスビルディングポイント:チーム

f:id:zeniya47:20210308220420p:plain

スタッツ



こうして改めて数字で確認すると、2点差とはいえ完敗という印象が強まる。

 

チャンスビルディングポイントはなんと全てで上回られた。

 

スタッツでもゴール期待値で鳥栖はレッズの約2倍、それ以外もほぼほぼ全てで鳥栖が上。

 

開幕戦のFC東京戦は前からのプレスが上手くはまったけど、いうても公式戦3試合目。

 

試合内容がそうすぐに安定するはずもなし。

 

根気強くサポートしていくことが大切よねー。

 

[チャンスビルディングポイント:個人]

f:id:zeniya47:20210308222017p:plain

チャンスビルディングポイント:攻撃・パス・守備



そんなわけで、個人のチャンスビルディングポイントも鳥栖のエドゥアルド選手祭りに笑

 

レッズの選手がトップになった指標が一つもなかったから、今節は残念ながらあんまり語ることがなく…。

 

 ■最後に

今節は鳥栖との力の差を見せつけられてしまった。

 

ただ上手いこといかなかった中でも、昨シーズンには見られなかった良い距離感でのパス回しがあったり、伊藤(敦)選手といったルーキーが開幕から2戦連続フル出場したり。

 

決して後ろ向きになるべきではないと思うし、課題があるということは伸びしろがあるということで。

 

前向きに考えていきたいよね。

 

このブログの当初の目標のとおり。

 

今シーズン、一進一退することは織り込み済みだけど、チームの自信を深めるためにまずは1勝ほしいところではある。

 

次の横浜FC戦、今月はあんまり残業できなさそうだから、帰ってリアルタイムで観たいなぁー。

 

データ引用元:Football LAB