和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【新加入選手考察】「デンマークのレフティーモンスター」キャスパー ユンカー選手がFKボーデ/グリムト(ノルウェー)より完全移籍加入

新年度がスタートして1週間。

 

レッズはスタートダッシュに失敗しちゃったけど、個人的には今月のテーマはスタートダッシュと設定。

 

仕事もブログもスタートダッシュを決めていくことを決意。

 

てなわけで、ここ最近各方面で話題になっていたレッズの補強について、本日公式にリリースあり。

 

ノルウェーのFKボーデ/グリムトから、キャスパー ユンカー選手の完全移籍加入が発表された。

 

www.urawa-reds.co.jp

 

ユンカー選手はデンマーク出身の27歳。

 

経歴を見ると、2013年のプロデビューから、2018年シーズンまでは、ずっと出身であったデンマーク国内のチームに所属していた様子。

 

2019シーズン、初の国外となるデンマークのスターベクIFに期限付き移籍してから、彼の人生が変わり始める。

 

スターベクIFでは12試合6得点と活躍すると、その後に移籍したFKボーデ/グリムトで大爆発。

 

25試合27点という驚異的な記録を残して得点王を獲得。

 

デンマークリーグのレベルがどういうものかは不明だけど、そんなリーグ得点王を獲得できたということで、否が応でも期待は高まる。

 

そんな彼のゴール集はコチラ。

 

今ではYouTubeで気軽に海外のゴールシーンも観られるから期待感が更に煽られる笑

 

www.youtube.com

 

身長は186㎝と、鈴木選手190㎝、杉本選手187㎝に次ぎ、岩波選手と並んでチーム3位タイの高さがあるが、ゴール集での頭によるゴールは冒頭のFKに合わせた1点のみかな。

 

得点はほぼほぼ利き足の左足によるもの。

 

ただゴールパターンから言えば、ペナルティエリア外からのミドル、裏抜けからのシュート、クロスにワンタッチで合わせるなど、パターンは多彩。

 

独力で突破してゴールまで取りきるというシーンはなかったことから、突破力というよりも、決定力に期待すべき選手だね。

 

今はまだ、決定機と呼ばれるシーンをたくさん作りだすことには苦慮しているけど、その少ない決定機を決め切ってくれると、それが先制弾にしろ、同点弾にしろ、追撃弾にしろ、チームに勇気を与えてくれるはず。

 

ヘディングゴールが少ないとはいえ、日本では大柄な部類に入るのは間違いないので、実戦ではヘディングゴールをバシバシ決めてくれるかもしれないし。

 

何はともあれ、待望の点取り屋の獲得、超期待。

 

4月2日が移籍期限だったため、今回はユンカー選手のみの獲得となったが、現在外国籍選手はデン選手含め2名となっているため、枠に空きがあるままシーズン序盤を戦うことになる。

 

夏頃には既存の選手達、そして今回加入のユンカー選手の大活躍により、まずは降格の心配をしなくていい勝点を稼いでいるといいな。