和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【新加入選手考察】「守備だけでなく攻撃力アップにも期待がかかる巨人」アレクサンダー ショルツ選手がFCミッティラン(デンマーク)より完全移籍加入

ここ2試合は試合内容が芳しくないながらも、試合は引き分けに持ち込むことができ(広島戦は勝ち試合を落としたとも言えるが…)、それぞれ勝点を1ずつ獲得。

 

今のところ、残留争いに巻き込まれる心配はあまりしなくて良いと思え、より上位を狙える欲が出てくる位置にいる。

 

となれば、そのためにはチーム力の向上が不可欠。

 

リカルド監督の指導や、既存の選手達の成長に期待するのが第一なことは勿論だが、余っている外国籍枠の選手を獲得するのもひとつ。

 

ということで、レッズの強化部は、先日加入してリーグ戦5試合5得点のユンカー選手に味を占めたか、同じくデンマーク人のショルツ選手の獲得を発表。

 

www.urawa-reds.co.jp


ショルツ選手はデンマーク出身の28歳。

 

プロデビュー以降、デンマーク国内でプレーしていたユンカー選手とは異なり、アイスランド・ベルギーなどでのプレー経験あり。

 

聞くところによると、直近のFCミッティランが所属しているデンマークリーグも、サッカートップリーグのヨーロッパへのステップアップリーグみたいだけど、その中でもベルギーはオランダと並ぶステップアップのトップ。

 

そのベルギーでも、9シーズン在籍し、合計119試合に出場。

 

また、昨シーズンはデンマークリーグのMVPを受賞するなど、昨シーズンノルウェーリーグで得点王を獲得したユンカー選手に並ぶ、いやそれ以上の実績あり。

 

昨シーズンはチャンピオンズリーグにも主力として出場し、リヴァプールFC(イングランド)からPKとは言えゴールを奪い、またアタランタBC(イタリア)からもセットプレーからゴールを奪っている。

 

リヴァプールFC戦のゴールも含むプレー動画はこちら。

 


www.youtube.com


得点力が高いとの触れ込みだが、セットプレーからのヘディングというよりかは、PKキッカーを任せられていたことに起因しているようだ。

 

逆に言えば、それだけメンタルが強靭であり、かつキックに自信もあるということ。

 

動画で確認できるように、最終ラインからの持ち運びや、パスでの展開打開にも期待がかかる。

 

ここ2試合は、相手の守備網にかかってピンチを招くことが多かったから、それを打破する活躍もあるかもね。

 

身長は鈴木選手の190㎝に次ぐ189㎝。

 

レッズのフィールドプレーヤーでは最長身となる。

 

小柄な選手が多いJリーグにおいては、その身長は脅威となるはず。

 

ただ、スピードに一抹の不安があるらしいので…全盛期の坪井選手と組ませたい笑

 

これで外国籍選手は3人に。

 

まだ枠は余っているけど、しっかりと現有戦力とのバランスを見て、検討を進めてほしいところだね。