和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【新加入選手考察】「実績・実力共に言うことなし!」酒井宏樹選手がオリンピック・マルセイユ(フランス)より完全移籍加入

昨日は天皇杯の初戦、カターレ富山戦があり、ユンカー選手のゴールで1-0勝利。

 

一発勝負であり、カテゴリーでは下となるチームとの戦いとなる天皇杯は、いつでも一抹の不安がつきまとう。

 

レッズは辛くも勝利できたが、横浜F・マリノスやFC東京、ベガルタ仙台が初戦で涙をのみ、リーグ戦では無類の強さを誇っている、川崎フロンターレも危うく敗退となるところだった。

 

そんな中でも、しっかりと90分で勝ち切れたことは良かったね。

 

日曜日はルヴァンカッププレーオフの第2戦もあるし。

 

そんな中で、以前から報道にはなっていたが、酒井宏樹選手がフランスのオリンピック・マルセイユから完全移籍で加入されることが発表された。

 

www.urawa-reds.co.jp

 

現役日本代表であり、オリンピックやワールドカップにも出場経験もあり、もはや説明不要な存在かと思うけど、考察を笑

 

酒井選手は千葉県出身の31歳。

 

中学生年代から柏レイソルの下部組織に加入し、そのままトップチームに昇格。

 

昇格から2年間はあまり出場機会はなかったようだが、3年目から台頭しレギュラーに定着。

 

意外にも、その年と次の年までしか柏には在籍していないため、トップチームに昇格した4年間で42試合の出場と、Jリーグでの実績はあまりない。

 

だがその後に所属したハノーファー96(ドイツ)では4シーズンで92試合、移籍後のマルセイユでは5シーズンで145試合と、海外での実績は日本人でもトップクラス。

 

世代別・A代表の常連選手でもあり、ロンドン五輪・ブラジルW杯・ロシアW杯のメンバー。

 

そんな選手がレッズにやってきたことに、胸の高鳴りを抑えきれないサポーターが続出していることだろう笑

 

主戦場は右SBだが、左SBやCBもこなせる模様。

 

ただ183㎝とSBとしては身長があり、競り合いにも強いため、彼が加入したことで守備強度が更にアップするだろう。

 

先日はショルツ選手の加入も発表されており、シーズン当初は不安視されていたバックラインだが、ここにきていきなり層が厚くなってきた。

 

↓ショルツ選手考察記事↓

www.zeniya47.tokyo

 

彼ほどの選手であれば、プレー動画を探すことも容易い。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

プレー集はいっぱいあって何がベストかわからなかったので、適当に拾ってきた。

 

個人的におススメなのは、プレー集ではないが、元レッズの那須氏が酒井選手と対談している動画。

 

酒井選手のこれまでの軌跡や、人となりが理解できる動画になっている。

 

酒井選手とショルツ選手は、登録の関係で、出場は最短でも2カ月程先なのだそう。

 

彼らが出場可能となった後、レッズがどの様に更に進化していくのか、超期待。