和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【過去記事振り返り】「レッズへの帰還の道は険しい…」トップチームへの帰還を期待した選手たちの動向

さてさて先日、高校・大学サッカーにおける注目選手を投稿したところで、今回はそれに伴い別の記事を。

 

↓高校・大学サッカー注目選手↓

www.zeniya47.tokyo

 

以前にも、世代交代に注目していたことから、主にレッズの下部組織出身者にフォーカスし、注目選手を紹介していた。

 

今回は、それらの選手が今どこに所属しているのか、また進路はどこになったのかをご紹介。

 

↓過去記事はコチラ↓

www.zeniya47.tokyo

www.zeniya47.tokyo

www.zeniya47.tokyo

 

①松澤 彰選手:カターレ富山(浦和レッズユース⇒法政大学)

www.kataller.co.jp

 

②シマブク カズヨシ選手:アルビレックス新潟入団内定(浦和レッズユース⇒新潟医療福祉大学4年生)

www.albirex.co.jp

 

③菊地 泰智選手:サガン鳥栖入団内定(浦和レッズジュニアユース⇒流通経済大学付属柏高校⇒流通経済大学4年生)

www.sagan-tosu.net

 

④角田 涼太朗選手:横浜F・マリノス入団内定(浦和レッズジュニアユース⇒前橋育英高校⇒筑波大学4年生)

www.f-marinos.com

 

⑤伊藤 敦樹選手:浦和レッズ所属(浦和レッズユース⇒流通経済大学)

www.urawa-reds.co.jp

 

⑥遠藤 凌選手:アルビレックス新潟所属(浦和レッズユース⇒桐蔭横浜大学)

www.albirex.co.jp

 

⑦渡邊 陽選手:不明(浦和レッズユース⇒筑波大学)

 

⑧大桃 怜音選手:中央大学3年生(浦和レッズユース⇒中央大学)

 

注目していた8選手で、浦和レッズに帰還を果たしたのは伊藤選手のみ。

 

他の選手もレッズからのオファーがあったかは定かではないけれど。

 

それでも、なんやかんやで殆どの選手がプロサッカー選手となっているのは流石だなぁ。

 

大桃選手はまだ中央大学3年生だけど、先日のエリートリーグ、横浜F・マリノス戦に招聘されて出場していたね。

 

ただ、主戦場となる関東大学サッカーリーグにおいては、出場機会どころか選手登録すらされていない厳しい現状。

 

大型CBということで期待値も大きいので、何とか成長して帰還を果たしてほしいところ。