和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【移籍情報】「タイトル獲得に貢献した功績は偉大」マウリシオ選手がアル・バーティン(サウジアラビア)へ完全移籍

www.urawa-reds.co.jp

 

移籍情報第3弾。

 

マウリシオ選手がアル・バーティン(サウジアラビア)へ完全移籍することが公式発表された。

 

マウリシオ選手はブラジル出身の29歳。

 

2017シーズンの途中から加入すると、最終ラインに定着し、そのシーズンは9試合1得点の成績。

 

レッズはこのあたりのシーズン、リーグ戦ではあまり好成績を残せなかったけど、そんな中でもマウリシオ選手は守備の要として、レッズのために奮闘してくれた。

 

最終的には4シーズンで63試合3得点の成績。

 

ただ、2017シーズンおよび2018シーズンは、各タイトルの獲得に大きく貢献。

 

2017シーズンは何と言っても、アジアチャンピオンズリーグを戴冠。

 

2018シーズンにも天皇杯制覇に貢献してくれた。

 

リーグ戦での成績は芳しくなかったものの、カップ戦でのタイトル獲得に貢献してくれた功績は偉大。

 

レッズでのラストシーズンとなった2020シーズンは、リーグ戦で僅か2試合の出場にとどまったが、ファブリシオ選手同様、彼のコメントにはレッズに対する愛情が溢れている。

 

試合中でも、味方選手のために相手選手に食って掛かる熱い一面を持っており、レッズサポーターが好きなタイプだったよね。

 

そんなマウリシオ選手の印象的なシーンと言えば、クラブワールドカップのカサブランカ戦の2ゴール(探したけど良い動画なかった…)。

 

CBなのに1試合中に足で2ゴール笑

 

特に1点目は目の覚めるようなロングシュートを突き刺した。

 

次はまたサウジアラビアという、別の国でプレーすることになるけど、彼にも幸運を祈りたい。

 

ありがとう、マウリシオ選手。