和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【移籍情報】「期待するのは勝手、だからいつまでも期待している」伊藤涼太郎選手が水戸ホーリーホックへ育成型期限付き移籍

www.urawa-reds.co.jp

 

シーズンも折り返しとなり、中断期間を前に選手の入れ替えも活発になっている。

 

酒井選手・ショルツ選手・江坂選手の加入とは反対に、藤原選手・ファブリシオ選手・マウリシオ選手がチームから離れることとなった。

 

そして本日、伊藤(涼)選手が水戸ホーリーホックへ育成型期限付き移籍することが発表された。

 

正直、彼には思い入れが強いので、熱の入った記事になるかも…。

 

彼の経歴等は、既に過去記事で触れているので、そちらをご覧いただきたい。

 

↓過去記事はコチラ↓

www.zeniya47.tokyo

www.zeniya47.tokyo

 

なんで彼に思い入れが強いのかと考えると、思い当たる理由は3つ。

 

①高卒・大卒の生え抜きを応援したがる傾向にあること

 

②山田暢久氏がスカウトして入団した唯一の選手であること

 

③全国高校サッカー選手権でのゴラッソ・ルーキーイヤー開幕ベンチ入りで期待値高め

 

まず①について。

 

これは完全な私の嗜好。

 

今シーズンは大久保選手のユニを買ったし、過去には近藤氏(当時25番:東福岡高校から加入)・高橋選手(現柏レイソル…当時33番:浦和レッズユースから昇格)・阪野選手(現松本山雅FC…当時19番:明治大学から加入)などなど。

 

伊藤(涼)選手も加入シーズンの26番のユニ買ったしね。

 

続いて②。

 

山田暢久氏は、レッズサポーターならば言わずもがな、レッズ一筋20年、Jリーグ通算540試合出場の鉄人そしてバンディエラ。

 

その飄々とした性格や、本気を出せば世界でも通用しそうなのに、常に手抜きでプレーしていそうなところや、J2の苦しい時期、初のJリーグやACL制覇など、レッズの浮沈を知る選手として、今もなおレッズサポーターから愛されている同氏。

 

そんな山田氏がレッズのスカウトをしていた時期、入団したのが伊藤(涼)選手なのである。

 

ただ、山田氏はクラブと何かしらの問題で、スカウトを長く務めることなくクラブを去ってしまうことになり、在任期間中に入団した高卒ルーキーは伊藤(涼)選手だけ。

 

元々、高卒ルーキーには敬遠されるクラブだったこと、また前述のとおり、レッズサポーターが愛してやまない山田氏が連れてきたこともあり、伊藤(涼)選手にかける期待は、私の中ではかなりのものとなっているのは否めない。

 

ただ勿論、話題先行の選手という訳ではないと思っている。

 

③はそんな彼のポテンシャルの高さを示している。

 

彼が2年生時の高校サッカー選手権でのゴラッソは、初めて観たとき衝撃を受けた。

 

過去記事にも貼ったと思うけど、改めて。

 

山田氏のコメントもあるし笑

 

↓高校時代のスーパープレー↓


www.youtube.com

 

また、入団した2016シーズン開幕戦の柏レイソル戦、高卒ルーキーながらベンチ入りを果たしている。

 

www.urawa-reds.co.jp

 

これらにより、私の伊藤(涼)選手に対する期待値は上がりに上がりまくったという経緯がある。

 

ただ、やはりプロの世界は厳しい。

 

レッズでは出場機会を得られず、1回目にレンタル移籍した水戸で結果を残したものの、その後レンタルされた大分、そして復帰後のレッズでも満足に出場機会は得られず。

 

正直、昨シーズン出場機会がなくても、彼の特長を活かせるサッカーではないから、と自分自身で思っていた。

 

しかし、今シーズンはリカルド監督になって、パスをしっかりと回して点を取るサッカーになった。

 

また、世代交代も着々と進みつつあり、伊藤(涼)選手と同世代の選手達が出場機会を得てチーム状況も上向く中、彼の出場機会は相変わらず限られ、ここ最近はメンバー入りすらできていなかった。

 

だから今回の移籍に関しては、私自身納得だし、伊藤(涼)選手自身の成長のためにも必要なこと。

 

だけど誰かに期待するのは勝手だし、伊藤(涼)選手にかけた期待はそう簡単には諦められないので、彼にはこれからも期待し続けるだろうし、水戸の試合も追いかけると思う笑

 

コメントを確認しても、活躍してまたレッズに戻ってくるつもりのようだし(レンタルだけど実質片道のようなケースもあるからね…)、水戸でこれから大活躍・大爆発・大躍進して、またレッズに戻ってくることを期待してる!

 


www.youtube.com