和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【新加入選手考察】「恵まれた体躯とマンチェスターシティも惚れこんだ逸材」木下康介選手がスターベクIF(ノルウェー)より完全移籍加入

www.urawa-reds.co.jp

 

これほどまでに中断期間で加入・退団で多くの移動があったのは記憶にない。

 

先般、水戸より平野選手の移籍加入が発表され、これにて中断期間の補強は終了と思われたが、昨日またしても公式より加入の報が。

 

ノルウェーのスターベクIFというチームから、木下康介選手が完全移籍にて加入することが発表された。

 

彼が育成年代のころは、相当の逸材ということで界隈を賑わせており、育成年代にもそこそこ精通している自負のある私としては、あの木下選手か!と直ぐに思い浮かんだ。

 

が、ぶっちゃけ「木下選手?はて?」という方々が殆どであると思うし、私も彼のプレーについては全く詳しくないため、ここでリサーチしつつ、予習になればと思っている。

 

木下選手は、東京都出身の26歳。

 

身長190㎝・体重85㎏と恵まれた体躯が目を引く。

 

育成年代は横浜FCユースに所属しており、この頃は世代別代表への選出実績もあり。

 

通常はここからトップチームに昇格し、そこで活躍して海外移籍というルートが一般的だが、先述した体躯や、育成年代では群を抜く素材だったからか、Jリーグを経由せずに、直接海外移籍という経歴に。

 

そこからドイツ・スウェーデン・ベルギー・ノルウェーを渡り歩き、今回レッズへの移籍となった。

 

当初移籍先となっていたSCフライブルク(ドイツ)との契約前には、プレミアリーグのマンチェスターシティの練習に参加し、公式オファーも貰っていたようであり、その素質は折り紙付きという評価だったようだ。

 

ただこれまでの成績に目を向けると、2018シーズンにスウェーデン2部で29試合13得点という成績が目に付くくらいで、それ以外のシーズンは2桁得点はなく、直近のスターベクIFでも22試合5得点と、FWとしては少々物足りない数字か。

 

ただレッズとしては、リカルド監督曰く「予想外だった」武藤選手(柏)と杉本選手(横浜FM)の移籍があり、FWがそもそも人数不足。

 

木下選手はまだ26歳ということや、恵まれた体躯とマンチェスターシティも惚れこんだ逸材ということを踏まえれば、理にかなった補強といえるだろう。

 

彼のプレースタイルは、調べてもイマイチ情報が不足しておりコレ!というものがなかったが、識者のブログを拝見するに、その高さも勿論一つの武器であるということだが、高い運動神経と左右両足から放たれる精度の高いシュートが特長であるということだ。

 

なんだか杉本選手と似ているような気がしなくもないが…笑

 

正直こればっかりは、試合で実際に観てみないとわからないので、逆に楽しみが増えたとも言えるかな。

 

チームの練習には既に合流しているみたいだしね。

 

最後に数少ないプレー動画を。

 


www.youtube.com

 

これを見て感じたこと。

 

やっぱりユンカー選手の福岡戦でのPK失敗は、軸足が滑ったことによるミスだよなぁ。