和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【試合レビュー】「守備陣の頑張りに天晴」リーグ戦第27節*湘南ベルマーレ戦(△0-0)

■雑感 

[試合ハイライト]


www.youtube.com

[スタメン・サブ]

f:id:zeniya47:20210829220857p:plain

スタメン・サブ:湘南ベルマーレ戦

 

前回対戦は色々あり、若干遺恨の残る試合となってしまった湘南戦。

 

ていうか、昨シーズンも誤審騒ぎあったし、結構最近は何かしらトラブルあるよね…。

 

そんな湘南戦のスタメンとサブはコチラ。

 

小泉選手がスタメンに復帰。

 

木下選手が前節の広島戦から引き続きベンチ入りしたものの、興梠選手はベンチ外に。

 

試合は拮抗した展開に。

 

小泉選手が復帰したものの、不在の時と比較して、俄然ビルドアップが良くなった!とは言えなかったかな。

 

ゴールキックからのビルドアップも、左右SBで詰まって大きく蹴ってしまうか、相手に引っかかるかどっちかになってしまい、効果的な攻撃には繋がらず。

 

湘南もプレスをかけて奪うまでは良いが、レッズの守備が体を張っていること、湘南の攻撃の最後の質がイマイチなこともあり、両チームあまり決定機が生み出せないいわゆる「塩試合」の様相。

 

レッズの決定機は、大久保選手⇒ユンカー選手⇒中央に折り返し、小泉選手がスルーしてファーサイド大久保選手がフリーだったが、枠上にふかしてしまった。

 

ここはチームとしても決めておきたかったし、ここ最近ドリブルが好調でスタメンに抜擢された大久保選手としても、結果を残す意味で決めておきたかったシーン。

 

後半開始当初は、レッズが相手を押し込む展開に。

 

というのも、後半開始から小泉選手⇒江坂選手、関根選手⇒明本選手へと交代を実施。

 

江坂選手の投入ももちろん、明本選手が前線に入ることの圧力増加は凄い。

 

プレスも迫力あるし、体を張れて裏抜けもできるので起点になれる。

 

レッズとしては、この時間帯に1点欲しかった。

 

ショルツ選手が江坂選手に鋭い縦パスを通したところから、ユンカー選手⇒大久保選手と繋ぎ、グラウンダーのクロスに中央走り込んだ江坂選手がワンタッチで合わせたが、残念ながら枠外に。

 

後半最大のチャンスはこのシーンだったかな。

 

湘南も後半途中でウエリントン選手を投入。

 

相変わらずの高さでレッズに脅威を与えるも、湘南もフリーキックやサイドのクロス精度があまり良くなく、シュートチャンスに至らない。

 

結局、最後まで両チーム、相手守備をこじ開けられずにスコアレスドローに。

 

レッズとしては、4連勝を狙ったものの勝ち切れなかったが、最近は守備陣が安定したパフォーマンスを見せており、天皇杯京都戦からこれで公式戦4戦連続無失点。

 

この試合においても、湘南のマズさも多少はあったものの、守備陣の頑張りが勝点1獲得に寄与したといえるだろう。

 

逆に、連勝中もゴールネットを揺らした回数は、最小となる1。

 

まだこれから、強敵との試合が残されているとは言え、守備面がある程度計算できるのは大きいので、攻撃面をどうするか、リカルド監督もなかなか上手くいかないことから、頭を悩ませていそう。

 

個人面では、前節ベンチ外となっていた田中選手が左サイドから果敢に仕掛けており、やりやすそうだったことからも、大久保選手と関根選手を右サイド、田中選手と汰木選手を左サイドで考えるべきじゃないかな。

 

ただ次の試合はルヴァンカップ、川崎戦2連戦。

 

かなり厳しい戦いになることは想像に難くないが、当たって砕ける気持ちで!

 

続きはFootball LABデータ更新後にまた。

 

【2021年8月31日更新】
 

◼️データ考察

[チャンスビルディングポイント:チーム・スタッツ]

f:id:zeniya47:20210831200516p:plain

チャンスビルディングポイント:チーム

f:id:zeniya47:20210831200556p:plain

スタッツ

 

枠内シュートが0本では、無得点なのも頷ける。

 

大久保選手・江坂選手の決定機では少なくとも枠に飛ばしてほしかったところ。

 

ドリブルポイントが割と高かったのは、後述するが田中選手の仕掛けによる部分が大きかった。

 

連戦だった中、総走行距離やスプリント数が劣るのもやむなし。

 

攻撃面に不満がある方もいらっしゃるかもしれないが、川崎やマリノスが異常なだけで、点を取るのってそんなに簡単じゃないからね…。 

 

[チャンスビルディングポイント:個人]

f:id:zeniya47:20210831202215p:plain

チャンスビルディングポイント:ドリブル

f:id:zeniya47:20210831202254p:plain

チャンスビルディングポイント:守備

 

田中選手がドリブルポイントトップ。

 

彼の左サイドからの仕掛けは可能性を感じたから、これからも左で起用してほしい。

 

数値は高くはないが、大久保選手はフル出場ということからもわかる通り、かなり信頼されてきている様子。

 

守備では、連戦ながらもさすがの対人守備を見せる酒井選手がトップ。

 

ショルツ選手も変わらず高いポイントで、ここ最近の守備面の安定が数値に表れる結果に。

 

■最後に

リーグ戦4連勝はならなかったが、連戦や新戦力多数であることを考えると、ACL出場権争いをしていることが素晴らしいこと。

 

明日はルヴァンカップ川崎戦の第1戦。

 

チャレンジャー精神で当たってほしい。

 

データ引用元:Football LAB