和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【試合レビュー】【データで振り返る】「自信を持っていい結果」リーグ戦第36節*横浜F・マリノス戦

◼️試合ハイライト


www.youtube.com

 

◼️データ考察

[チャンスビルディングポイント:チーム・スタッツ]

f:id:zeniya47:20211121223832p:plain

チャンスビルディングポイント:チーム

f:id:zeniya47:20211121223923p:plain

スタッツ


マリノスの攻撃に関するポイントの高さよ。

 

奪取ポイントも高いから、きっとこの試合のようにハイプレスをかけて相手の自由を奪い、ビルドアップもしくは前田選手等への高速カウンターで得点を重ねているんだろう。

 

ただレッズも集中した守備を敷き、ボールを握られ続けた割には被決定機の嵐…という訳ではなかったのは自信を持っていいところ。

 

それでもこじ開けてくるのは流石マリノスというべきか。

 

ここで耐えきる強さを身に付けられるかが、来年度以降の躍進に繋がる。

 

[チャンスビルディングポイント:個人]

f:id:zeniya47:20211121224423p:plain

チャンスビルディングポイント:シュート

f:id:zeniya47:20211121224502p:plain

チャンスビルディングポイント:守備



ボランチでの出場ながら、2得点に絡んだ伊藤選手がシュートポイントで高順位。

 

2得点目は、低い位置からの持ち運び、江坂選手への縦パス、関根選手との連携、長い距離を走ってのフィニッシュ。

 

得点者は田中選手だが、組み立てからフィニッシュまで、伊藤選手が「完結させた」と言っていいだろう。

 

守備では1失点したものの、相変わらずハイパフォーマンスが平常運転のショルツ選手。

 

シーズン当初からいたら、きっとシーズン累計ランキングでも上位だったはずだ。

 

■ベストイレブン

f:id:zeniya47:20211121225145p:plain

攻撃的ベストイレブン

f:id:zeniya47:20211121225222p:plain

守備的ベストイレブン

 

攻撃的には伊藤選手・ショルツ選手。

 

守備的には平野選手・大久保選手が選出。

 

ショルツ選手は先制点のシーンがアシストになった模様笑

 

早く彼自身の得点も観てみたい…。

 

大久保選手は自身の持ち味である攻撃面ではあまり魅せられなかったが、守備面で奮闘。

 

山中選手と縦で並んだ左サイドは正直不安いっぱいだったが笑、よく走り、よく闘ったと思う。

 

データ引用元:Football LAB