和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【試合プレビュー】「課題の修正と選手起用に注目」ACLグループリーグ第1節*ブリーラム・ユナイテッド戦

先日の札幌戦から中3日。

リーグ戦のみであれば、試合の課題への取り組みや、選手に蓄積された疲労の回復に1週間程度充てることができます。

 

しかし、今シーズンは、昨シーズンの天皇杯制覇のご褒美として、アジアチャンピオンズリーグへ参加できることが決まっています。

 

明日は、そのグループリーグの大事な初戦、ブリーラムユナイテッド戦となります。

これまでの試合も絡めて、考察してまいりましょう。

 

今回はJリーグでの試合ではなく、データも無いため短めにします。

今度こそは笑

 

◾️メンバー入れ替えはあるか

全般のリーグ戦からのリフレッシュ期間が短いこと、今までの試合結果および内容ともに、中々満足できるものではないこと。

これらから、私はメンバー入れ替えはあるものと推測しています。

 

予想スタメンは以下です。

f:id:zeniya47:20190305125115j:image

 

守備陣は変更せず、アンカーに柴戸選手、右に橋岡選手を。

2トップは、興梠選手の相棒にアンドリューナバウト選手を起用しました。

 

この予想の理由は、「疲労」「試合でのパフォーマンス」です。

 

まず「疲労」について。

上記3選手をスタメンに入れた代わりに、柏木選手、杉本選手、宇賀神選手を外しています。

 

彼らはゼロックススーパー杯とリーグ戦2試合で長時間プレーしています。

疲労はプレー精度に大きく関わります。

無理に連戦で起用するよりも、フレッシュな選手を起用した方が好ましいと考えました。

 

次に、「試合でのパフォーマンス」。

まず、外した3選手のパフォーマンスが、直近で最悪だったというわけではありません。

 

ポイントとしては、新しく起用する選手のプレーの質と、強みです。

 

柴戸選手とアンドリューナバウト選手は、先日の札幌戦で悪くないパフォーマンスでした。

ここはひとつ、試合開始から起用してみるのはいかがでしょうか。

 

また、リーグ戦で右サイドに宇賀神選手を配置したのは、オリヴェイラ監督が左右から攻められると目論んだものと思われますが、宇賀神選手も左サイドが適正ポジションなので、右サイドでは機能したとは言い難いです。

 

であれば、ここは橋岡選手の出番かと。

橋岡選手は、対人守備や空中戦に強みがあります。

守備面で安定を図りつつ、彼を西川選手からのゴールキックのターゲットにした方が良いと思います。

 

昨シーズン、橋岡選手は空中戦勝率が極めて高く、私の記憶ではリーグトップだったはずです。

今年も西川選手からのボールを前線に繋がる役割を担えるはずです。

 

◾️最後に

中々結果が出ていない中で、今日の試合を迎えたわけですが、この一戦に関しては、とにかく結果が求められます。

 

グループリーグは6試合しかないので、ホームの試合で勝ち点の取りこぼしを防ぎ、これから始まる連戦に勢いをつけるためにも、勝利が欲しいですね。

 

私は試合観戦はできませんので、タイムラインやハイライト等で結果を楽しみに待とうと思います。

 

頑張れレッズ‼︎