和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【新加入選手考察】「貴重な若き左利きCB」工藤孝太選手がプロ契約締結

www.urawa-reds.co.jp レッズにまた一人、将来有望な若手選手加入の報が。 浦和レッズユースに所属する、工藤 孝太選手のプロ契約締結が発表された。 工藤選手は和歌山県出身の高校3年生。 これまで世代別代表経験もある、左利きのCB。 とは言え、レッズサポ…

【試合レビュー】「激しい競争の予感」リーグ戦第第13節*ベガルタ仙台戦(○2-0)

■雑感 [試合ハイライト] www.youtube.com [スタメン・サブ] スタメン・サブ:ベガルタ仙台戦 前線には直近のルヴァンカップ柏戦でいきなりゴールという結果を残したユンカー選手。 そしてなんとGKは西川選手ではなく、鈴木選手が先発。 前節のアビスパ福岡戦…

【書籍レビュー】「ドイツかトルコか」メスト・エジル自伝

◾️国籍問題 例えば2つの国にルーツを持っており、どちらの国の代表選手になるかという問題は、日本にはあまりないように思う。 そもそも島国だから、他国と陸続きに繋がっている訳ではない環境。 また、国民性としても、国籍とか人種には差別的な事件が少な…

【試合レビュー】「絶妙アシストの小泉選手にハナマル」リーグ戦第11節*大分トリニータ戦

■雑感 [試合ハイライト] www.youtube.com [スタメン・サブ] スタメン・サブ:大分トリニータ戦 メンバーはここ最近と代わり映えなし。 セレッソ戦も内容は悪くなかったし、わざわざ大幅に入れ替える必要もないと踏んだか。 試合は開始早々に動く。 左サイド…

【書籍レビュー】「微笑みの小さな王子」アントワーヌ・グリエーズマン自伝

サッカーフランス代表、現在リーガエスパニョーラのバルセロナ所属、アントワーヌ・グリエーズマン選手の自伝。 彼はズラタン・イブラヒモビッチ選手やルイス・スアレス選手のように、試合中に自らをコントロールできない瞬間がある問題児という世間からの評…

【試合レビュー】「決定機をモノにできないとこうなる試合の典型」リーグ戦第10節*セレッソ大阪戦(●0-1)

レッズはリーグ戦2年ぶりの3連勝中。 他試合の結果を見ても、今シーズンは残留ラインが高くなりそうなこともあり、気の抜けない試合が続く。 今節の相手、セレッソ大阪はレッズとは対照的に3戦未勝利。 レッズとしては連勝を更に伸ばし、上位進出を伺ってい…

【試合レビュー】「セットプレーの作戦勝ち」リーグ戦第9節*徳島ヴォルティス戦(○1-0)

今節はJ2から昇格した徳島ヴォルティス。 とはいえ、現在レッズを率いるリカルド監督が昨年まで率いており、そのチーム完成度の高さは脅威となるはず。 ■雑感 www.youtube.com [スタメン・サブ] スタメン・サブ:徳島ヴォルティス戦 ベンチ入りメンバーは鹿…

【試合レビュー】「地固まる連勝!」リーグ戦第8節*清水エスパルス戦(◯2-0)

前節の鹿島戦は、チームの確かな成長を感じられる勝利。 今節はアウェーでの清水エスパルス戦。 清水は今シーズン前のオフで、積極的な補強をした印象。 GKに日本代表の権田選手。 守備的ポジションならどこでもこなせる原選手。 J2ギラヴァンツ北九州でブレ…

【試合レビュー】「新システムで勝利!」リーグ戦第7節*鹿島アントラーズ戦(○2-1)

リーグ戦第7節鹿島戦。 残念ながら後半途中からの観戦となったため、得点シーンは観られず…。 日にちもたってしまっているので、軽く振り返る程度に。 ■雑感 www.youtube.com [スタメン・サブ] スタメン・サブ:鹿島アントラーズ戦 これまでの試合で試したフ…

【新加入選手考察】「デンマークのレフティーモンスター」キャスパー ユンカー選手がFKボーデ/グリムト(ノルウェー)より完全移籍加入

新年度がスタートして1週間。 レッズはスタートダッシュに失敗しちゃったけど、個人的には今月のテーマはスタートダッシュと設定。 仕事もブログもスタートダッシュを決めていくことを決意。 てなわけで、ここ最近各方面で話題になっていたレッズの補強につ…

【試合レビュー】「後半立ち上がりが全て」リーグ戦第6節*川崎フロンターレ戦(●0-5)

今節は、昨シーズンから他を寄せ付けない強さを身に着けつつある、川崎フロンターレ戦。 ここまでも6試合消化して、前節の神戸戦こそ後半アディショナルタイムに追いつかれたものの、5勝1分で無敗。 今シーズンも、優勝候補筆頭であることは疑いの余地がない…

【試合レビュー】「大卒コンビの存在感」リーグ戦第5節*コンサドーレ札幌戦(△0-0)

今節でリーグ戦も5試合目。 今節の相手、札幌は前節のガンバ大阪戦が新型コロナの影響で中止となったことから、前節から中6日。 対してレッズは失意の横浜F・マリノス戦から中2日。 休養十分の相手に対し、疲労の面や、相変わらず怪我人が多いことから不安も…

【新加入選手考察】安居海渡選手(流通経済大学)2022シーズン加入内定!

ここ最近は、特に大卒選手について、選手が最終学年に至る前に内定を出すことが多いと感じる今日この頃。 先日、流通経済大学に所属する安居海渡選手が2022シーズンより加入することが内定した旨、公式より発表された。 www.urawa-reds.co.jp 自称大学サッカ…

【試合レビュー】「ただ一言、完敗。だから逆にスッキリ」リーグ戦第4節*横浜F・マリノス戦(0-3●)

初勝利の横浜FC戦から中3日。 同じ横浜のF・マリノス戦。 正直、ここ数年マリノスには苦手意識がある。 特に昨シーズンは6失点を食らったチームの内のひとつ(複数あるというところが何とも悲しいところ…)。 マリノスはポステコグルー監督の4年目。 リカルド…

【試合レビュー】「祝・リカルド政権初勝利」リーグ戦第3節*横浜FC戦(○2-0)

悔しい敗戦となったサガン鳥栖戦から中3日。 早くもリーグ第3節がやってきた。 これまでのリーグ戦は1分1敗。 ルヴァンカップ第1節湘南ベルマーレ戦も0-0の引き分けだったため、これまでの公式戦は3戦未勝利。 ゆえに今シーズンから指揮を執り始めたリカルド…

【試合レビュー】「そう簡単に勝利は得られない」リーグ戦第2節*サガン鳥栖戦(●0-2)

開幕戦のFC東京戦は1-1のドロー。 今試合の前に行われたルヴァンカップ湘南戦も0-0でドロー。 流れの中からの得点がなく、得点数は少ないが、失点数も少なく、とりあえずは勝ち点を拾えている。 一個人の感情としては、開幕戦の肌感覚として、このサッカーは…

【試合レビュー】「新政権の船出は上々」リーグ戦第1節*FC東京戦(△1-1)

怒涛の出入となったオフシーズンを経て、あっという間にリーグ開幕戦がやってきた。 チームは始動後に、橋岡選手とレオナルド選手が移籍、柏木選手は規律違反によりチームから退団の方針と、リカルド新監督としては頭の痛い事案が続いたかもしれない。 それ…

【書籍レビュー】「両GKが魅せる」アオアシ23巻

前回発売から4カ月…長かったーけど待った分だけ面白さもひとしお‼︎ 遂にプレミアリーグEast最終戦、青森星蘭高校戦の火蓋が切って落とされた。 葦人は左サイドバックで先発出場。 試合前の入場シーンでは、平のヘアバンドを着用して歩くカットが1ページを使…

【書籍レビュー】「ひとりぼっちが好きなんて信じられない」自閉症の僕が跳びはねる理由

私達はいつも、何でもないように聞き、何でもないように喋り、笑い、怒り、泣く。 それが、どれほど恵まれているかということを教えてくれた一冊。 著者は重度の自閉症を患う東田直樹氏。 彼は会話ができないが、自身そして周囲の方々の努力により、パソコン…

【退団情報】「得点力が本当に秀逸だった」レオナルド選手が山東魯能泰山(中国)へ完全移籍

いやーさすがに橋岡選手で打ち止めだと思っていたんだけれど。 この時期に退団情報の記事を書くとは思わなんだ笑 そんな訳で、急転直下のシント=トロイデンへ移籍となった橋岡選手に続き、レオナルド選手が山東魯能泰山(中国)へ完全移籍することが発表された…

【書籍レビュー】「百聞は一見に如かず」なんでも図解

いやー今月は忙しかった。 まだ終わっていないんだけども。 1月は怒涛の勢いで記事更新したけど、2月は今回が初記事になってしまった。 レッズもそろそろ開幕が近づいてきて、普段は選手の入退団もこの時期にはないんだけど…。 退団の可能性が極めて高い選手…

【退団情報】「世界へ羽ばたけ」橋岡大樹選手がシント=トロイデンVV(ベルギー)へ期限付き移籍

先日、レッズの移籍関係の記事はアップし終わったはずだったのだが…。 レッズは現在、来月下旬の開幕に向けて、沖縄でキャンプ中。 そんな中、橋岡選手はキャンプに参加せずに渡欧しており、シント=トロイデンVV(ベルギー)へ期限付き移籍が濃厚になっている…

【試合レビュー】「新しい試みが観られた」トレーニングマッチ*沖縄SV戦(2-0) ※1本目のみ

只今チームは絶賛、沖縄で開幕に向けてキャンプ中。 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、キャンプは全面的に非公開となっていることから、映像でチーム状況を確認できる媒体に乏しい。 公式のYouTubeチャンネルも、毎日更新というわけではなく今のとこ…

【書籍レビュー】「全体最適という言葉がしっくりと」福岡市を経営する

今後友人と定期的に読書会(リモート)を開催しようということで、初回のはこちらの「福岡市を経営する」をテーマに。 こちらは現・福岡市長の高島宗一郎氏が手掛けた一冊。 当時、史上最年少の36歳で福岡市長に当選した高島氏による、仕事論・人生論に関する…

【書籍レビュー】【ネタバレ有】「1作目の感覚がやっぱり好き」ブルーマーダー

今作は前作とは一転、1作目のようなワクワク感が戻ってきた。 純粋に事件を追いかけ、かつ周囲の同僚達に振り回されながらも、それを巧妙に利用、またかわしながら事件の真相に迫る姿は見ていて気持ちよかった。 前作のラストで姫川班はバラバラになり、姫川…

【書籍レビュー】「アウトプットツールと方法での新発見」仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?

ここ最近は忙しいので、遅く帰ってきてご飯、お風呂が終わるともう寝る時間になっており、自分の時間を取れないことがしばしば。 そういった生活を送っていると、余裕がなくなって、何というか人間らしさというものが失われるような感情に襲われる。 特に今…

【書籍レビュー】【ネタバレ有】「正直コレジャナイ感」インビジブルレイン

誉田哲也氏の姫川玲子シリーズ3作目。 読み終わってからの感想、まず第一声としては、「なんか違う」という感じ。 私が求める展開ではなかったというところ。 このシリーズにおいては、主人公は姫川玲子であり、かつ第1作目で顕著になった、彼女を取り巻く周…

【書籍レビュー】【ネタバレ有】「殺人犯も人の子」白夜行

最近ミステリ小説ブームだったこともあり、評価が高かった白夜行を。 メルカリで買って届いた書籍を見た最初の感想は、分厚いなと笑 ページ数は特段見ずに買ったので、届いてから初めて物語の長さを認識。 当初は結構時間かかるなーこれ、と思ったんだけれど…

【退団情報】「ゴール・アシストという結果を」池高暢希選手が福島ユナイテッドFCへ育成型期限付き移籍

シーズンオフに入ってから、長らく入退団について考察したが、恐らくこれがラスト。 池高暢希選手がJ3の福島ユナイテッドFCへ育成型期限付き移籍となった。 www.urawa-reds.co.jp 池高選手は大城選手と同期、従って今シーズンでプロ3年目となる。 ルーキーイ…

【退団情報】「今シーズンは正念場」大城蛍選手がY.S.C.C.横浜へ育成型期限付き移籍

2021シーズン、レッズは既にチームが始動しており、新加入選手記者会見や、初練習も終了している。 そんなシーズンが始動する直前、昨シーズン育成型期限付き移籍していた、レッズユース出身の2名の選手について、新たな所属先が発表された。 今回は、ガイナ…