和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【書籍レビュー】「ドイツかトルコか」メスト・エジル自伝

f:id:zeniya47:20210503164055j:image

 

◾️国籍問題

例えば2つの国にルーツを持っており、どちらの国の代表選手になるかという問題は、日本にはあまりないように思う。

 

そもそも島国だから、他国と陸続きに繋がっている訳ではない環境。

 

また、国民性としても、国籍とか人種には差別的な事件が少ない。

 

という印象(統計取った訳じゃないけど)。

 

だから、本著でエジル選手が語っている、ドイツを選ぶかトルコを選ぶかという問題についても、日本であればあんまり問題視はされなかったんじゃないか。

 

ただどちらを選択しようが、本人の自由なのだから、周囲の人々は受け入れる以外にないと思うんだけど…。

 

自分のルーツに誇りを持っていると、そう簡単ではないのかも。

 

これを国でなく、サッカーチームに例えてみる。

 

将来有望な選手がおり、オファーを出したチームの中から2チームに絞った。

 

そして最後に、自分の応援するチームでない方を選んだ。

 

…確かに、某掲示板だとその後に「いらん」って書き込みが増えるから…それが表立っているかそうでないかな違いなのかもしれない。

 

◾️ジョゼ・モウリーニョ監督とジョゼップ・グアルディオラ監督

エジル選手はジョゼ・モウリーニョ氏(元トッテナム監督)を慕っている。

 

書籍の冒頭、わざわざエジル選手がレアル・マドリードに在籍していた時に、モウリーニョ氏から受けた叱責事件を持ってきていることからも伺える。

 

イブラヒモビッチ選手も、冒頭にグアルディオラしへの暴言事件を持ってきていたけど、あれは完全にネガティブなもの。

 

本著でエジル選手は、モウリーニョ氏への全幅の信頼を綴っている。

 

同氏に師事した選手は皆、心酔に近い感情を抱いている。

 

それは同氏が、選手に対して正直に接することに起因しているようだ。

 

またそんな同氏が、人情味のある人物として描かれることが多いのに対して、グアルディオラ氏は、酷薄に描かれることが多い。

 

今回は、エジル選手に対して、本気で獲得したがっていたのか不明瞭な部分があるけど。

 

複数の選手から同様に評価されているということは、あながちそれは間違いではないのかもね。

 

また他にも、選手では、セルヒオ・ラモス選手がナイスガイだとか、クリスティアーノ・ロナウド選手が超絶ストイックだとか、ダビド・ビジャ選手の小狡い一面も。

 

本人以外の、かつ有名な選手の側面も色々と知れて面白かった。

 

◾️翻訳

前回読破の、「アントワーヌ・グリエーズマン自伝」と異なり、少々意味を把握しづらい文はなく、スラスラと読み進められた。

 

これまであまり意識したことはなかったけど、今回がストレスなく、内容が頭にすんなり入ってきたことで得られた新たな気づき。

 

翻訳大事。