和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【試合レビュー】「激しい競争の予感」リーグ戦第第13節*ベガルタ仙台戦(○2-0)

■雑感 

[試合ハイライト]


www.youtube.com

[スタメン・サブ]

f:id:zeniya47:20210509220545p:plain

スタメン・サブ:ベガルタ仙台戦


前線には直近のルヴァンカップ柏戦でいきなりゴールという結果を残したユンカー選手。

 

そしてなんとGKは西川選手ではなく、鈴木選手が先発。

 

前節のアビスパ福岡戦で失点に繋がるミスを犯したとはいえ、この起用は驚き。

 

とは言え、試合後のリカルド監督コメントからは、福岡戦でのパフォーマンスだけで評価したわけではなく、ルヴァンカップや日々の練習から、総合的に判断したとのこと。

 

試合は下位に沈む仙台に対し、レッズが優位に進め…られないのがサッカーの難しいところ。

 

特に前半序盤はビルドアップのミスからピンチが多数。

 

しかし、リーグ戦初先発となった鈴木選手の好セーブなどで失点は免れる。

 

ただその後も細かいミスや、選手同士の距離感の悪さから、効率的な攻撃に繋げられない。

 

どちらかと言えば、仙台の方がテンポのいいパス回しを行い、レッズゴールに迫れていた。

 

それでも決定機と言えたのは、小泉選手のパスミスから迎えた1対1くらいで、膠着状態のままスコアレスで後半へ。

 

後半も前半同様の展開だったが、先制したのはレッズ。

 

武藤選手が小泉選手とのワンツーで中央突破。

 

フリーになったユンカー選手に渡すと、ワントラップから左足でゴール。

 

このシーン、相手守備陣を破った武藤選手と小泉選手の関係性は言わずもがな、個人的には西選手とユンカー選手に注目。

 

右サイド関根選手へ強パスを供給したことにより、関根選手が良い状態(=前向き)でボールを受けることができ、相手守備陣に風穴を開けることができた。

 

また、ユンカー選手もトラップしてからシュートまでの間に、相手GKが距離を詰めてきており、簡単なシュートではなかったはず。

 

それでも左足のアウト気味にかけたシュートで決め切ってしまうあたりに、点取り屋のセンスを感じる。

 

その後、レッズは阿部選手が直接フリーキックを決めて追加点。

 

先制点のシーンに続き、小泉選手はここでも被ファウルに加え、左足で蹴ると見せかけて相手を惑わす貢献。

 

本当にレッズ不動の司令塔となっている。

 

試合はそのまま2-0でレッズの完封勝利。

 

前節の福岡戦からの流れを断ち切り、勝点3を獲得。

 

今節は新戦力ユンカー選手のリーグ戦初ゴールに加え、鈴木選手がリーグ戦デビュー。

 

もちろん、これまで結果を残し続けてきたという功績はあれど、良くも悪くもアンタッチャブルな存在となっていた興梠選手や西川選手についても、リカルド監督は容赦なくベンチに座らせている。

 

興梠選手は明らかにコンディションが万全ではないということもあるが。

 

絶対的な存在をスタメンから外すという決断は、中々できないこと。

 

これまでの実績があるし、サポーターからの信頼も厚いし。

 

だからリカルド監督は、良い意味で普通ではないのだろう。

 

イブラヒモビッチ選手が、デルピエロ氏を外して自分を起用するカペッロ氏を「普通ではない」と評していたように。

 

これから更に、選手達には激しい競争が待ち受けているに違いない。

 

けれど、それは良い血液の循環となって、チーム力の向上に寄与してくれると期待ができるもの。

 

次節のガンバ戦も楽しみだ。

 

◼️データ考察

[チャンスビルディングポイント:チーム・スタッツ]

f:id:zeniya47:20210510211753p:plain

チャンスビルディングポイント:チーム

f:id:zeniya47:20210510211837p:plain

スタッツ

 

2-0というスコアではあるが、どちらに転んでもおかしくなかった展開ということもあり、数値は拮抗。

 

シュート数および枠内シュート数では劣っており、前半のミスによるピンチからの被シュートもそれの表れか。

 

ここをしっかりと鈴木選手が防いでくれたことが、勝利への布石となったとも言え、改めて今節の活躍に感服。

 

f:id:zeniya47:20210510212318p:plain

ゴール期待値:リーグサマリー

 

ちなみにFootball LABのゴール期待値(あるシュートチャンスが得点に結びつく確率=どれだけ質の高い決定機を創出できているか)では、現時点でレッズはほぼほぼ真ん中。

 

今節はこれまでの試合平均を下回ったものの、ユンカー選手のゴールシーンのように、シュート数は少ないがしっかりとチャンスは構築できている。

 

その機会をどれだけ増加させられるか、急かすわけではないが、リカルド監督の腕の見せ所。

 

[チャンスビルディングポイント:個人]

f:id:zeniya47:20210510213429p:plain

チャンスビルディングポイント:シュート

f:id:zeniya47:20210510213356p:plain

チャンスビルディングポイント:セーブ


シュートポイントは途中出場ながら、積極的なプレーを見せた元レッズのマルティノス選手。

 

そして同選手の見事なミドルを防いだ鈴木選手、セーブポイントでスウォビク選手を上回った。

 

ページ上部ハイライト動画の5分40秒くらいのセーブシーン、何度見ても見事。

 

コーナーキックで中途半端に飛び出したシーンが1回、飛び出したものの触れなかったシーンが1回あったが、経験を重ねてよりミスの少ない選手に成長してほしい。

 

■最後に 

今節の勝利で順位は9位。

 

上を見ればACL出場権、下を見れば降格圏がどちらも近い位置。

 

次節のガンバ大阪は、レッズよりもさらに酷い得点力不足に悩まされているけど、同様の大分に2点取られてしまった試合を忘れてはならない。

 

チームは一足飛びにではないけど着実に進歩している。

 

ガンバ戦も勝利を期待。

 

データ引用元:Football LAB