和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【書籍レビュー】「何を怖がっているのかを理解する」1分間決断力

f:id:zeniya47:20210529121117j:image

 

皆さんは、早く決断して動ける方ですか?

 

私はどうにも、物事をよく考えて、リスクを可能な限り排除して、自分が大丈夫だと考えられないと動けない癖がある。

 

普段の生活であれば、そんなに問題はないかもしれないけど、仕事ではそうはいかない。

 

早く決断して動いていかないと、どんどん案件が溜まってきてしまう。

 

年齢や役職から言っても、今はプレーヤーとしてもそうだが、マネジメント能力も求められる。

 

早い決断力を身に付けたいという目的で、こちらの書籍を購入。

 

この書籍から学んだことは、「自分が何を怖がっているのか」を知ること。

 

決断を鈍らせる理由として、決断したときに発生するリスクがある。

 

それをしっかりと決断前に認識し、仮にその決断が間違っていたとしても、間違った際に発生するリスク(=ダメージ)を覚悟しておけば良い。

 

そうしてそれを自身に投影して考えてみると…得てして、私は失敗したときに自分が傷つくのが怖いのだ。

 

だけど、自分が傷つくのが怖いと分かっていれば、それを覚悟していればいいだけだし、失敗は取り返すことができると腹を括ることもできる。

 

私自身のメンタルの問題なんだと思う。

 

だけど、それを自覚できたのは少なからず進歩であるし、そういう弱さを認めることも、また強さのひとつでもあると思っている。

 

つくづく、メンタルって成果に直結するよなぁ。