和製コルドバが追いかける、赤き血のイレブン達。

浦和レッズと読了書籍についてマイペースに綴ってまいります。

【新加入選手考察】藤原優大選手(青森山田高校)2021シーズン加入内定!

さて、FC東京戦は敗戦となってしまい、残念な週末となってしまったところだけれど。

 

ただ悪いニュースばかりという訳でもなく、ウィークエンドにクラブから喜ばしいニュースリリースがあった。

 

www.urawa-reds.co.jp

 

青森山田高校サッカー部3年生の藤原優大選手の来シーズン新規加入内定との報。

 

若手選手の活躍を観たい私としては、非常に楽しみなニュース。

 

とは言え、彼についての予備知識はほとんどないというのが正直なところで。

 

あえて挙げるとすれば…。

 

・世代別代表経験あり

・武田選手とまた同じチームでやりたいとの発言あり

・浦和の練習参加済

・直近の選手権決勝で観たことあるかも

 

くらい。

 

なので、クラブのリリースからも読み取れることを考えてみる。

 

身長180㎝、体重74㎏。

 

ポジションはDF。

 

まずここで、彼は本当にDFとして獲得されたのかという疑問が浮かぶ。

 

180㎝は日本人としては大柄な方だと思うけれど、サッカー選手としてDF(特に中央)を守るにはいささか高さに不安がある。

 

ただオフィシャルリリースの選手の特長や、他の報道媒体とかでも、ヘディングが長所と言われおり、スカウトもクラブで1番と太鼓判を押しているとか。

 

確かに、OBの山田暢久氏のように、上背はないけど、ジャンプ力やタイミングで競り勝てる選手もいた。

 

伊藤敦樹選手(流経大)の来シーズン加入も内定もしており、彼はMFとして紹介されていたから、あくまでDFとしての獲得なのかもね。

 

彼は今年度3年生ではあるが、新型コロナウイルスの影響で、プレミアリーグイーストは開催されない見込となっているから、今年度の彼の活躍は見えてこない。

 

しかし調べてみると、昨年度は2年生でありながら、プレミアリーグイースト王者の青森山田高校のレギュラーを張っていたことがわかった。

 

全18試合のうち、優勝が既に決定していた最終節以外の17試合に全て先発フル出場してた。

 

うち2試合はゴールも決めている。

 

www.youtube.com

↑ 31秒~。

 

www.youtube.com

↑ 15秒~。アシスト武田選手だね。

 

また、敗れはしたものの、直近の高校サッカー選手権決勝、静岡学園戦では先制ゴールとなるヘッドも決めていた。

 

守備は勿論のこと、攻撃でもセットプレーから得点を取れるとなれば、相手にとっては嫌なことこの上ない。

 

是非ともバンバンゴールを決めちゃってほしいね。

 

彼の加入内定により、来シーズンの新卒加入は3名に。

 

最近レッズで高卒DFが定着した例は…書いていて橋岡選手があったことに気が付いたけど笑、センターバックではとんとなかったかな。

 

現在スタメンのデン選手や岩波選手もさることながら、槙野選手・鈴木大選手・マウリシオ選手など、超えるべき壁は高い。

 

だけど浦和に来てくれたことに感謝。

 

精一杯応援するよ。